M15-20220101zg
M15-20220101za
M15-20220101zb
M15-20220101zc
M15-20211231c
M15-20211231b
M15-20211231a
個人的にはとれいん誌の提唱時から始めているので,今回で25回目となります.
 2021年も主要な運転会,イベントはほとんどが中止や延期となりました.その中で,所属クラブでは7月と10月に単独で運転会を開催することができました.年越し運転会は前年のNetMeetingによる方法を今回も踏襲してクラブメンバーによる合同運転会を行いました.
 NetMeetingは毎週土曜日の恒例活動になったので,その中でのやり方も身についてきたところです.年越し運転会参加については各社の線路状況により,道床付線路往復運転でも,ローリングロードでも,大エンドレスでも,それなりの参加でヨシとしています.ゲージも 6.5mm,9mm,10.5mm,12mm,16.5mm 等,何でもヨシです.参加者は10名となり,一人で複数台カメラもあって16画面での運転会となりました.
 コアタイムを23時30分~0時30分に設定し,午前零時の前後1分程度を年越し運転参加時間帯としました.“月刊とれいん誌”の提唱に従うと,23時55分~0時05分となりますが,画面を通して10分間の連続運転は結構長いので短縮した形で行っています.午前零時の年替わりにはサウンド搭載機を使って汽笛を吹鳴,画面を通して新年を祝う乾杯を行いました.0時05分で合同年越し運転会は無事終了しました.
 運転参加は7鉄道,16.5mmゲージが1,12mmゲージが4,6.5mmゲージが1,16.5mm/12mmデュアルゲージが1,日本型が5,外国型2となっています.
 制御はアナログDCが2,DCCが5でした.
 自分は運転ボードにHOフライシュマンの線路を敷きっぱなしだったので,そのまま年越し運転に使うことにしました.4-4-0とオーバートン客車を出してきて5輛編成の客車列車と2-6-0の牽く4輛編成のカブース列車です.ヤードのOOとか日本型とかも置いたままなので,所謂“16番”状態になっています.線路はドイツ,列車はアメリカ型ですがバックマン機関車なので中国製かな.とにかく,独米英中日いろいろ混じってます.

今回の運転会の報告は下記HOJC公式WEBページに掲載しています.
 年越し運転会直接リンク
 http://www.hojc.jp/20220101untenkai.html
 個人的な年越し運転会記録は以下に掲載
 http://www.kokyu-gr.jp/krmp/untenkai/etunen.html