2020-22-03
2020-22-01

2020-22-02

毎度お馴染み(?)可部線の電車で年越し運転です.今回も最後の17m級国電,クモハ11123+16511.実車資料は自分で撮影した写真.ただし4,5枚しかありません.
 可部線のクモハ11100番代は117と123の2輛ありました.当時,最古参の電車ということで,1976年3月31日「さよなら17M電車」の記念列車に充当する予定らしかったのですが,2日前の3月29日の朝,この2輛を含む編成が踏切事故に遭遇.2輛とも床下機器破損で自走不能になり,そのまま引退してしまいました.(広島工場に収容)そんなこととはつゆ知らず,当日も模型製作の資料写真を撮影するため近所の駅で側面を撮影するつもりで待ち構えていたため,救援の2輛編成に牽引された1M5Tの6輛編成を編成写真として撮り損ねてしまいました.引退直前に4輛が離脱した可部線では既に運用を離れていた車輛もあり,予備のMT編成だけでは足らず(?)クモハ12が2輛,運用に入った様で,2Mの2輛編成や3M1Tの4輛編成も出現しました.模型はグリーンマックスのキット改造.動力はトミーテックの鉄コレ17M級,その他タヴァサ,銀河モデルのパーツなど.車体は福塩線のクモハ12040ですが,側面を切り継いでクモハ11に復元.客ドアの窓がHゴムですので,該当する11123にしました.クモハ11117は客ドア窓が3段なので,次回製作予定.クモハ11100番代のエッチングキットもありますが,可部線仕様ではないので,改造の手間はプラキット切り継ぎと変わらないと感じています.お供のクハ16は511号.現在の様に編成単位で管理されていませんので,クモハとクハのペアは自由.奇数と偶数の区別もありません.そのため,旧型国電に奇数向き偶数向きがあるとも知りませんでした.