06-上田修三008
06-上田修三007
06-上田修三006
06-上田修三005
06-上田修三004

06-上田修三-002
06-上田修三-001


『とれいん』の購読をはじめてから15年になりますが,作った車輛はうまく走ってくれず,レイアウトもいまだ完成しません.昨年の年越し運転レポートを拝読し,“2018年末こそ小さくても自作のレイアウト上を自作の車輛を走らせて年越し運転に参加しよう”と思い立ちました.私は63歳で,趣味を楽しめる時間はそう長くなさそうです.できばえが悪くても走行を楽しめるワンセットを完成させようと考えました.
 夏ごろより,当直勤務時の空き時間に,1~2時間づつ工作を進め,12月30日午前中の当直明けに何とか出来上がりました.
 自宅に転がっていたコルクボードをベースにNゲージレールを小判状に敷き中央にストラクチャーを置き全方向より眺めることとしました.人物と樹木以外は自作です.車輛はカトーの小型客車用動力の上に鼻炎スプレー薬の箱で凹型貨物電車をイメージしました.もう少しディテールを加えたかったのですが時間切れです.
 パワーパックも自作です.高電圧を加えPWMコントロールとすればスローもスムーズになるのではと考え,9V・12kHzのものを成書を参考にロジックICを使い組み立てました.右回りでは期待したとおり,スムーズに走行しますが左回りでは決まった場所で立ち止まります.どうやらレールのジョイント前後でゲージがずれてしまったようです.実物の仕上がりはなんともザツで我ながらがっかりしますが,写真を撮ると何か見栄えがよくなったように感じます.
 初夢は次の年越しで16番車輛を2,3台完成させ,満足のゆく走行状態に仕上げて並走させることです.